玄関引戸修繕工事 結構大変編😅

この画像が何を物語っているかお分かりでしょうか?

地震後玄関引戸の枠部分が沈下して玄関内側と外側が隆起してしまった写真になります。

正直、こちらの現場を現地調査させていただいた時😰固まりました・・

どこをどうやってどんな方法で修繕しようか❓❓❓いっそのこと新しい玄関をお勧めして取替した方が早いのでは、

など試行錯誤し考えた結果①玄関枠の取外し②木下地の修復③玄関枠の再施工で作業しました。

①の既存枠の取外し作業です。

レール部分のモルタルを斫りなんとか取外し完了❗

②の木の下地の修復作業に入りその後③の枠の再施工です。

ここではじめの画像にあった5センチほどの沈下したレール部分を修繕して再施工しました。

地震前に当たり前に出入りされていた状態に復旧できました。🙆

震災前の通常の仕事とは違い、当たり前だった日常の状態に(決して完璧ではなく)戻す作業が続いております。

通常の仕事ならば新しい玄関が付いて住宅の景観も変わりお客様にも喜んでいただき、こちらもそれに伴い満足していたのですが、なかなか気持ち(モチベーション)の持ちどころが難しく、本当にこれでいいのか?と自問自答しながらの震災復旧の作業になります。

 

住宅の築年数やそれぞれの家族構成、ご予算によっていろいろと難題がありますが、建築に携わる当店の出来る限りの対応はさせていただきますのでよろしくお願いいたします。🙇💦

前の記事

ブロックの復旧工事